« 台風が近づくなか北沢八幡例大祭 | トップページ | 街角の一枚_白い家 »

2019年9月18日 (水)

二つの名前がある玉川台2丁目地蔵尊

0akimg0081 用賀の駅から西に少し行ったところにある地蔵尊は、二つの名前がありました。
 お堂の脇の石碑には延命地蔵とあり、堂内の赤提灯には開眼地蔵尊と書かれています。さてどちらなのでしょうか?
 推測ですが、開眼地蔵尊ではないかと思います。なぜなら外の石碑は二つ置かれていて、保存のためここに移動されたのではないかと思うからです。
 場所は玉川台2-3で、最寄り駅の東急田園都市線用賀駅から徒歩3分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1ckimg0089
側面から

3ckimg0085
開眼地蔵尊

4ckimg0087-1
添えられていた花

|

« 台風が近づくなか北沢八幡例大祭 | トップページ | 街角の一枚_白い家 »

3上用賀・用賀・玉川台」カテゴリの記事

路傍の石像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風が近づくなか北沢八幡例大祭 | トップページ | 街角の一枚_白い家 »