3中町・等々力・玉堤

2018年1月17日 (水)

等々力七丁目うえきば市民緑地

0cdsc_9986 呑川緑道の撮影を始めてから、二つ目の市民緑地に出会いました。
 「うえきば」とは変わった名です。説明によると 、かって所有者が庭木などの植木の保管場所と していたことから名付けたのだそうです。入ると手前は庭園になっていて、その脇にはベンチが置かれています。その先は草地になっていて、切られた樹木が置いてあります。
 市民緑地のとなりは、手入れの行き届いた梅林になっていて、合わせて豊かな緑が残されています。
 最寄り駅は大井町線等々力駅で、所在地は等々力7-23で、駅から徒歩20分です。

      「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_9992
全景

 

Cdsc_9990
ベンチ

 

Cdsc_9991
置かれた樹木

 

Cdsc_9996
植木Ⅰ

 

Cdsc_9999
植木Ⅱ

 

Ecdsc_9997
梅林

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

夕やみおとずれる玉川神社

0cdsc_1249 用事で出かけたさきに、撮っていない神社があったので、寄ってみたのですが、夕方になってしまいました。
 当然のことですが、神社の境内は街中と比べ大変暗く、境内は夕方というより夜の感じです。
 このところ街、祭りに続き神社と夜がテーマになっていますが、昼間とは違う撮影ポイントがあり、新たな世界が広がります。
 「等々力の玉川神社とその周辺」でせたがや百景に選ばれています。
 所在地は等々力3-27-7で、東急大井町線等々力駅から徒歩5分です。

      「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_1243
鳥居

 

2cdsc_1287
拝殿

 

Cdsc_1275
えびす神、稲荷神社、三峰神社

 

Cdsc_1281
天満宮、祓戸神社、八幡神社

 

Cdsc_1286
生命の源

 

Cdsc_1289
神社に来たら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

青と赤の対比鮮やかに等々力渓谷

 0cdsc_1863_3浄眞寺から足を伸ばして、23区内で唯一の渓谷である 等々力渓谷に向かいました。
 多摩川が削った国分寺崖線は広葉樹が少ないのでしょうか、青々として紅葉を観ることはありません。 等々力不動尊まで行くと鮮やかな紅葉が出迎えてくれます。そのギャップが素晴らしい等々力渓谷です。
 紅葉は、不動尊とその対岸にある日本庭園で楽しみましょう。庭園ではお茶のサービスがあり、紅葉の下でゆったりとした気分を味わえます。
 所在地は等々力1-22で、東急大井町線等々力駅から徒歩5分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_1904
谷沢川

 

3cdsc_1901
稚児大師尊像

 

4cdsc_1922
雪月花茶屋

 

5cdsc_1918
崖線

 

6cdsc_1961
等々力不動尊

 

Cdsc_1933
不動尊の紅葉

 

Cdsc_1988
日本庭園の紅葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

裸電球が迎える天祖神社

0cdsc_9414_2 世田谷の天祖神社はここのほかに、前にブログで取り上げた経堂世田谷にあります。
 バス通りに面した鳥居を一歩くぐると、神社までの参道は横幅が広く、もう鎮守の森の世界です。その気分がそうさせてくれたのか、手水舎を初めとして境内のなかがふだんと違う眼で見ることが出来ました。
 何より気に入ったのが、神殿と弁天堂の裸電球です。昭和にタイムスリップしていました(撮影3月)。
 最寄駅は東急大井町線上野毛駅で徒歩10分、所在地は中町3-18-1です。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

1cdsc_9450
境内

 

2cdsc_9417
手水舎

 

3cdsc_9453
社務所

 

4cdsc_9455
狛犬

 

Cdsc_9431
拝殿

 

Cdsc_9441
弁財天

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

野良田の北向薬師に会いに金剛寺

0cdsc_9351 久しぶりに奥行きのある お寺に出会いました。 長さや大きさのことではなく雰囲気です。特に参道に並ぶ大小八体ほどの地蔵尊はどこから見ても存在感があります。金剛寺は玉川八十八ヶ所霊場第三十五番札所になっています。
 金剛寺が建てられる前には薬師如来が祀られていて、坂東七薬師の一つ「野良田の北向薬師」として、眼病と安産にご利益があると信仰を集めたそうです。そのお堂は境内に置かれています(撮影3月)。
 最寄り駅は東急大井町線上野毛駅で徒歩10分、所在地は中町2-20-11です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_9358
地蔵尊

 

3cdsc_9388
参道

 

4cdsc_9391
薬師堂

 

Cdsc_9373
本堂

 

Cdsc_9380
無縁墓

 

Cdsc_9406
土塀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

西日のなかの専浄寺

0cdsc_7428 夕方の専浄寺です。北側に大学か専門学校があるのでしょうか、学生達が坂を下ってきます。そのまま進むと九品仏駅に向かい、専浄寺の角を曲がると 自由が丘方面です。大多数は曲がっていきます。
 住宅地のなかお寺の真っ白な壁は印象的です。山門をくぐると墓地が左右にあり、正面には寺独特の曲線をもつ屋根の上の宝珠が夕日に輝いています。
 東急東横線自由が丘駅より徒歩15分で、所在地は等々力6-7-10です。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

1cdsc_7431_2
山門

 

3cdsc_7439_2
墓地と本堂

 

4cdsc_7437_2
玉砂利

 

Cdsc_7436_2

 

Cdsc_7441_2
自由が丘方面

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

お墓に特徴がある満願寺

Cocoimgp1369w  等々力不動を別院としている致航山満願寺とは、どんな寺なのか興味が湧き訪ねました。境内の一角に、不動堂や観音堂が置かれているお寺はありますが、ここは別院として持っているので規模が違います。
 満願寺の入口には松林があり、境内も広くすっきりして立派なたたずまいです。一番の特徴は、お墓にありました。家墓の周りには、小さな個人墓や石仏が、ところ狭しと並べられているのです。
 せたがや百景には「等々力の満願寺」で選ばれていて、玉川八十八霊場の第54番目札所にあたります。
 満願寺へは、東急大井町線等々力駅を出たら、駅前の道を北へ進みます。等々力駅信号を右に折れ進むと、どどろき陸橋が見えてきます。陸橋の一つ手前の道を左に折れるとすぐです。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

Cocoimgp1375w  木柱碑(正式名称は知りません)

  

Cocoimgp1388w  鐘楼

 

Cocoimgp1426w  一言地蔵尊

 

Cocoimgp1379w  戦没者供養塔

 

Cocoimgp1449w  本堂

 

Cocoimgp1429w  墓地への道

 

Cocoimgp1445w  墓地

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

御利益たくさんの等々力不動

Cocoimgp1456w  世田谷区に二つある関東三十六不動霊場の一つ、目青不動を撮影したときから気になっていたのが、もう一つの不動霊場である等々力不動でした。目青不動はお堂に江戸が残っていてよかったが、等々力不動は山門をはじめ境内全体が、ここぞお不動さんだと主張しています。
 入口に「秋の大祭護摩供と菊まつり」と看板が出ていたので、この日は特別の装いをしていたのかも知れませんが。
 せたがや百選には「等々力渓谷と等々力不動」で選ばれています。また、玉川八十八霊場の第33番札所にあたります。
 等々力不動へは、東急大井町線等々力駅から駅前の道を南に向かい、環状八号線の信号を渡るとすぐです。

     (すべての写真は、クリックすると大きくなります)

Cocoimgp1467w  参道

 

Cocoimgp1461w 庚申塔

 

Cocoimgp1477w  太子堂

 

Cocoimgp1488w 奉納菊

 

Cocoimgp1519w  本堂

 

Cocoimgp1503w  御利益

 

Cocoimgp1532w  山門に秋

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)