行事・芸能

2020年2月26日 (水)

コロナウイルスが広がるなかのせたがや梅まつり

0ckimg0230 今日は人気の餅つきが行われる日です。毎年始まる前から会場は長蛇の列になります。ところが会場の中では餅つきだけが行われていて、見物する人は一人もいません。コロナウイルスの影響がここまできていることを実感させられました。
 でも、模擬店前は多くの人でにぎわっていますし、きれいに咲いた花を楽しむ人びとも多く、ウイルスに注意しながら楽しんでいました。
 会場は代田4-38-52で、小田急線梅ヶ丘駅あるいは京王井の頭線東松原駅から徒歩5分です。

 「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1ckimg0222
餅つき会場

2ckimg0227
つきたて餅配布所

3ckimg0234
人気スポット

4ckimg0247
白梅

5ckimg0251
紅梅

6ckimg0254
花見どころ

 

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

こわい怖いちびっこ天狗道中

0cd7c_9552 天下一天狗道中が開始される前に下北沢駅周辺で 、ちびっこ天狗道中が行われます。こちらではちびっこをおどかすために鬼たちが出てきます。
 鬼といえば昔は赤鬼青鬼でしたが、最近の子供たちはそれでは怖がらないのか、いろいろ趣向をこらした鬼が出てきます。そしてちびっこ天狗たちは鬼退治のため、一生懸命豆をまいてドラマが始まります。
 場所は駅周辺の商店街や住宅地で、小田急線及び京王井の頭線下北沢駅周辺です。

 「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_9388
鬼来ないで

2cd7c_9619
豆まいてもくるよ

3cd7c_9592 
鬼こわくない

4cd7c_9402
鬼たち退散

5cd7c_9526
鬼こわい

6c7c_9631
鬼勢ぞろい



| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

下北沢天狗まつり_天下一天狗道中

0cd7c_9569 下北沢天狗まつりは、福男・福女による豆まきとちびっこ天狗による豆まき(次回紹介)があります。
 どちらにも共通しているのは、「鬼は外」とは決して唱えず「福は内」を繰り返します。
 パンフレットによれば、「福は内」を3回唱えることで「福が充満することで鬼はおのずと退散するであろう」と考えているからだそうです。
 場所は下北沢一番街商店街で、小田急線及び京王井の頭線下北沢駅からすぐです。

 「すべての写真はクリックすると大きく見れます」

1cd7c_9571
山伏

2cd7c_9572
演奏Ⅰ

3cd7c_9574
演奏Ⅱ

4cd7c_9575
烏天狗

5cd7c_9578
大天狗

6cd7c_9582
天狗面車

 

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

大道芸一色の三茶de大道芸

0cd7c_8430 歩行者天国の茶沢通りは、ゆったりと人々が行き来して、路上で行われている大道芸を楽しんでいます。あちらこちらに置かれた屋台も賑わっています。子供たちのパフォーマーの場もありました。
 パンプレットをみると、茶沢通りだけではなく、三軒茶屋のあちらこちらに舞台が準備されていて、パフォーマーが演技を披露しています。三茶は大道芸一色です。
 会場は東急田園都市線三軒茶屋駅一帯です。

      「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_8373
STILTANGO(スティルタンゴ)

2cd7c_8379
ファンタスティックドール

3cd7c_8399
Okk(オック)

4cd7c_8417
知念大地

5cd7c_8467
加納真実

6cd7c_8478
フレディーノ

 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

宇奈根会場からたまがわ花火大会

0cd7c_7865 二子玉川駅は、構内放送に案内や警備の人たちのハンドマイクの音がいくつも重なって、ホームや構内は騒音でいっぱいです。駅で待ち合わせをして会場に行く予定でしたが、 携帯電話がかかってきても聞こえないし、かけることもできません。
 でも何とか出会うことができて、開始時間を少々過ぎましたが、宇奈根の会場に着くことができました。宇奈根会場からは同時開催の川崎側の花火を、一緒に見ることができるのが魅力です。お天気もよくTシャツ一枚で楽しみました。
 会場は宇奈根で、東急田園都市線二子玉川駅から徒歩15分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_7887
花火

2cd7c_7912
花火

3cd7c_7942
花火

4cd7c_7973
花火

5cd7c_8045
花火

6cd7c_8069
花火

 

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

台風が近づくなか北沢八幡例大祭

0cd7c_7539 今年は非常に強い台風が関東に近づくなか本宮が行われました。午前中一時強い雨が降りましたが、その後は晴れて、宮入り、祭典式祭礼、少し急ぎながらの宮出しと、滞りなく行われました。
 宮出しでは、境内の石段降りに迫力があるのですが、今年は神輿を揺することなく静かにおろしていました。
 会場は代沢3-25-3で、小田急線及び京王井の頭線下北沢駅から徒歩10分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_7561
祭典式斎行

2cd7c_7578
子供神輿(四五睦)

3cd7c_7589
東北沢睦

4cd7c_7605
四南睦

5cd7c_7616
新野睦

6cd7c_7632
帰路

 

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

うだる暑さのなかで三茶サンバパレード

0cd7c_7265 今年も35度を超える暑さのなかで、パレードは始まりした。でも、サンバのリズムは暑さに似合っているようで、踊り手たちは元気です。
 見物人もサンバが近づくと、強い日差しのなか、暑さを忘れて見入ってしまいます。
 今年は6チームが熱演しました。各チームとも、毎年テーマもって参加するので、踊りと衣装、楽しませてくれます(写真はグローリア)。
 会場は茶沢通りで、最寄り駅は東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩3分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_7292
ピーラジール

2cd7c_7331
ICUラムズ

3cd7c_7397
自由の森学園

4cd7c_7453
サウーヂ

5cd7c_7506
フェスタンサ

 

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

夜を楽しく下北沢阿波おどり

0cd7c_6954

 下北沢の阿波踊りは、夜の商店街を12の連により埋め尽くし、二日間行われます。連とは阿波踊りのチームのことで、各連ごとに衣装や踊りに工夫を凝らしています。
 見物人も年々増えていて、メイン通りは人であふれています。外国人も多く、見物だけでなく、踊り手にも参加して楽しんでいます(写真は下北沢やっとこ連)。
 会場は下北沢一番商店街で、最寄り駅は小田急線及び京王井の頭線下北沢駅です。

    「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_6982
高円寺しのぶ連

2cd7c_7031
東京弐穂連

3cd7c_7061
東林間阿呍連

4cd7c_7103
下北沢ひふみ連

5cd7c_7121
高円寺華純連

6cd7c_7175_20190822080901
三鷹寳船連

7cdc_7183
東林間阿呍連

 

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

農大通りいっぱいに経堂まつり

0cd7c_6343 長梅雨で今にも降りそうなお天気のなか行われましたが、二日間雨らしい雨に会わずに無事行われました。
 初日は阿波踊り、二日目はサンバが行われました。駅前には舞台がおかれ各チームのパフォーマンスが行われます。
 阿波踊りはどの連も独特の踊りを披露して楽しめます。そのなかで際立つパフォーマンスはないのですが、盆踊り風な独特のユニークさをもつ昭和信金連が印象に残りました。
 会場は経堂農大通りで、小田急線経堂駅南口です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

2cd7c_6013
RWEMY

 

1cd7c_6022
藤井達也

 

3cd7c_6015
パレード前のひととき

 

4cd7c_6249
昭和信用金庫連

 

5cd7c_6351
経堂むらさき連(ハイタッチ)

 

6cd7c_6322
サンバパレード

 

 

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

福豆袋をまきながら天下一天狗道中

0cd7c_3397 パンフレットに豆まきスポットが載っていて、そこで撮ろうと待っていました。行列が到着すると人ひと人で、立ったまま身動きがとれず、写真もとれず、福豆袋もとれずで、散々です。
 福豆袋を手に入れるには、行列について行くと、ところどころで止まり、そこで豆がまかれます。この時はあまり混まないので、しゃがむことができ福豆袋を拾えます。2袋ほど手にできました。
 会場は下北沢一番商店街で、最寄り駅は京王井の頭線あるいは小田急線下北沢駅です。
 
      「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

 

 

 

1cd7c_3388
出発

 

 
2cd7c_3391
山伏
 
 
3cd7c_3379
烏テング

 

4cd7c_3383
天下一天狗

 

 
Cd7c_3200
商魂”ふくはうち”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧