玉川八十八ヶ所霊場

2014年10月 8日 (水)

京都の道しるべが置かれた善養蜜寺

1cdsc_7866 参道から両側に大きな石人や石羊が置かれていて、境内にもたくさんあります。これらは中国「明の十三陵」をモデルにした石造群だそうです。
 石造に目が向きますが、境内の所々に道しるべが置かれ、京都の地名が書かれています。目線を合わせてみると、京都の風情が見えてきて不思議です。
 「玉川八十八ヶ所霊場第三十二番札所」、「野毛の善養寺と六所神社でせたがや百景」、また都の天然記念物カヤの木があり、見所が多いお寺さんです。
 最寄り駅は東急大井町線駅から徒歩15分で、所在地は野毛2-7-11です。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

Cdsc_7839
犬の境内立入禁止

 

Cdsc_7844
山門

 

Cdsc_7860
本堂

 

Cdsc_7871
嵐山金閣寺

 

Cdsc_7878
八坂道清水坂

 

Cdsc_7875
なぜか神居古潭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

奈良時代の面影が残る吉祥寺

1cdsc_6058 この神社の開基は、奈良時代(740年)と古いのです。本堂の屋根の両端をそらせるしびは、奈良の寺院で見るものと同じです。
 この辺りは仙川や野川が多摩川に流れ込むところで、古代には米どころとして栄えたのかもしれません。先日、世田谷生涯大学の先生から、戦国時代の世田谷の川は湿地帯のように広がり、敵から攻めにくく守りに強いので、その高台に城や砦がおかれたという話を聞きました。そのおかげでろくな米は出来なかったそうですが、ここは例外なのかもしれません。
 玉川八十八ヶ所霊場61番の札所です。 最寄り駅は田園都市線二子玉川駅で徒歩20分ほで、所在地は鎌田4-11-18です。

     「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

 

2cdsc_6069
本堂

 

Cdsc_6066
境内の石仏

 

Cdsc_6079
亀と六地蔵

 

Cdsc_6096
たくさんの石仏が置かれている墓

 

Cdsc_6106
堂宇

 

Cdsc_6109
堂宇内の地蔵菩薩

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

二本のシュロの木が印象的な慈眼寺

1cdsc_2072  笠付庚申塚(次回ブログ掲載)のおかれた参道入口からみる、喜樂山慈眼寺の山門は立派です。表に二体、裏に二体の四天王が、八方ににらみを利かせています。
 墓地に向かうところに、古い墓石や仏石が積み上げられた塚があるのですが、その脇に植えられていたシュロの木が、なぜか印象的でした。
 慈眼寺は玉川八十八霊場の第37番です。
 最寄り駅は東急田園都市線用賀駅あるいは二子玉川駅(徒歩20分)で、所在地は瀬田4-10-3です。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

2cdsc_2055
山門

 

3cdsc_2085
山門
(裏)

 

Cdsc_2064
手水所

 

Cdsc_2070
サルスベリの花

 

Cdsc_2078
六地蔵

 

Cdsc_2084
石塚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

地上には仏像がいっぱいの玉眞院

1cdsc_1659  寳泉山玉眞院(玉川大師)には地下仏殿があって、「四国遍路と西国巡礼さながらに巡拝修行の結縁が授かる」そうです。今回は時間の関係で地下参拝が出来なかったので、次の機会に訪ねてみたいと思います。
 地上には弘法大師像をはじめ、ぼけ封じ観音、有縁無縁地蔵、安産子育地蔵、六道輪廻の六地蔵など魅力ある仏像がたくさん置かれています。
 玉川大師は、玉川八十八霊場の第5番です。
最寄り駅は東急田園都市線用賀駅あるいは二子玉川駅(徒歩20分)で、所在地は瀬田4-13-3です。

    「すべての写真はクリックするの大きくなります」

2cdsc_1626
基壇寄付名簿

 

3cdsc_1627
カラフルお線香

 

Cdsc_1634
祈願地蔵

 

Cdsc_1642
水子地蔵尊

 

Cdsc_1652
安産子育地蔵尊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

鈴がなるなる大空閣寺

1cdsc_5025  本堂の左右に虎と牛が置かれています。よく見ると阿吽の型で一対です。これは虚空蔵菩薩を祀る寺の特徴だそうです。
 本堂の賽銭箱の上の鈴は三つで、他にもたくさんの鈴がありました。本堂の左に置かれた七福神(酔った恵比寿でしょうか)に付けられている鈴は半端ではありません。鈴にはお払いの意味があるそうですがあり過ぎです。中宮殿にも鈴が隠されていました。
 大空閣寺は、玉川八十八霊場の第38番です。
 最寄り駅は東急田園都市線用賀駅あるいは二子玉川駅(徒歩20分)で、所在地は瀬田4-21-15です。

    「全ての写真は、クリックすると大きくなります」

2cdsc_5005
虎と牛

 

Cdsc_4993
本堂

 

Cdsc_4996
拝礼鈴

 

Cdsc_4999
七福神

 

Cdsc_5017
中宮殿

 

Cdsc_5022
地蔵菩薩
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

本堂にツツジが似合う長圓寺

1cdsc_0004

 静かな住宅街のなかに長圓寺はありました。境内に入ると本堂にはこのお寺の紋なのでしょうか、前衛的に壁画のようにデザインされています。 確かに絵とはいえない宗教的な雰囲気があります。その本堂の傍らにはツツジがきれいに咲き始めていました。
 ここは、玉川八十八ヶ所霊場40番のお寺です。
 最寄り駅は東急田園都市線二子玉川駅で、所在地は岡本1-21-1です。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

2cdsc_0018_2
本堂

 

3cdsc_0008
六地蔵

 

4cdsc_0019
本堂脇のツツジ

 

5cdsc_0032
庚申塔

 

6cdsc_0030
無縁供養塔

 

Cdsc_0015
灯篭の置かれた墓地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

仏法は水中の月の如し悟る真福寺

Codsc_6259 無量寺から路を東に向かい、用賀中町通りに出る手前に瑜伽山真福寺があります。玉川八十八ヶ所霊場の第39番目です。
 赤い山門をくぐると左に庚申堂と太子堂が並んで置かれています。由来によると用賀村民の守り本尊で、当寺に移転したそうです。お堂の先には六地蔵が置かれ、その奥に地蔵群があります。
 掲示板には「仏法は水中の月の如し 隆雅書」がかけてありました。
 最寄り駅は東急田園都市線用賀駅で、所在地は、用賀4丁目14-4です。

   「全ての写真は、クリックすると大きく見れます」

 

Codsc_6272
六地蔵

 

Codsc_6279
地蔵群

 

Codsc_6284
本堂


 

Codsc_6293
収穫物

 

Codsc_6299
墓地への入口

 

Codsc_6296
墓地からの景色

  「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
  応援クリック感謝します

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

廻沢の名刹に恥じない東覚院

Codsc_5363  環状八号線から一本入った住宅地の一角に廻沢の青林山東覚院があります。見どころの多いお寺です。
 山門をくぐるとすぐ参道脇の寝釈迦像に出会います。その隣が鐘楼です。その先の屋上に観音像が置かれているのが観音堂でしようか。さらに弘法大師慶賛之碑が置かれています。そのほか木遣塚や三界万霊供養塚も置かれています。そのどれもが独特の存在感を醸し出していて、訪問者を楽しませてくれます。
 玉川八十八ヶ所霊場の第42番札所です。
 最寄り駅は、小田急線千歳船橋駅で環八沿いに歩きます。所在地は千歳台4-11-11です。

 9月の上旬のまだ暑い頃撮影したのですが、祭りを追いかけていて、掲載がふた月遅れとなってしまいました。

「全ての写真は、クッリクすると大きくなりますので、楽しんでください」

Codsc_5348  釈迦涅槃像

 

Codsc_5352  区保存樹林ケヤキ

 

Codsc_5353  鐘撞堂

 

Codsc_5391  屋上の観音像

 

Codsc_5384  本堂

  「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
 
応援クリック感謝します

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

ちょっと秋の気配を感じる寶性寺

Codsc_5061  余りにも暑いせいか、お参りの人影はありません。環状八号線の近くですが、車の騒音は伝わってきません。境内には蝉の鳴き声だけがひびきます。生い茂った木々のせいでしょうか、蚊に悩まされながらの撮影です。
 境内には「ふなばしふどう」も置かれていて、見どころの多い波羅密山寶性寺です。
 玉川八十八霊場43番目の札所です。
 最寄り駅は小田急線千歳船橋駅です。所在地は船橋4-39-32で、駅から1.5kmほどでしょうか。

 全ての写真は、クリックすると大きくなります。拡大して雰囲気を楽しんでください。

 

Codsc_5069  不動堂

 

Codsc_5078  不動堂にて

  

Codsc_5083  お清め水

 

Codsc_5097  水子地蔵尊

 

Codsc_5088  「おんぼろ車を引きつづけた人生」

 

Codsc_5099  大師堂

 

Codsc_5105  「雨のふる日も風の夜も 長きたびぢの友となり 行者の身をば守り給う 利益あらたのいきぼとけ」(弘法大師像)

 

Codsc_5103  寶性寺本堂

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
         応援クリックよろしくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

お墓に特徴がある満願寺

Cocoimgp1369w  等々力不動を別院としている致航山満願寺とは、どんな寺なのか興味が湧き訪ねました。境内の一角に、不動堂や観音堂が置かれているお寺はありますが、ここは別院として持っているので規模が違います。
 満願寺の入口には松林があり、境内も広くすっきりして立派なたたずまいです。一番の特徴は、お墓にありました。家墓の周りには、小さな個人墓や石仏が、ところ狭しと並べられているのです。
 せたがや百景には「等々力の満願寺」で選ばれていて、玉川八十八霊場の第54番目札所にあたります。
 満願寺へは、東急大井町線等々力駅を出たら、駅前の道を北へ進みます。等々力駅信号を右に折れ進むと、どどろき陸橋が見えてきます。陸橋の一つ手前の道を左に折れるとすぐです。

    「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

Cocoimgp1375w  木柱碑(正式名称は知りません)

  

Cocoimgp1388w  鐘楼

 

Cocoimgp1426w  一言地蔵尊

 

Cocoimgp1379w  戦没者供養塔

 

Cocoimgp1449w  本堂

 

Cocoimgp1429w  墓地への道

 

Cocoimgp1445w  墓地

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)