古道瀧坂道

2009年10月 9日 (金)

古道瀧坂道(環八~終点)広い道が一転狭い道へ

  • Cocoimgp0845w  瀧坂道は環八(環状八号線)を渡ると、区内最大幅の広い道路となります。しかし広いのは榎信号までで、上祖師谷に入ると狭くなり、特に世田谷区の終点に近づき商店街に入ると、車同士のすれ違いもままならぬ状況です。歩行者が歩けないワースト道路として、テレビにも登場しましたから、全国的にも有名になってしまいました。
     瀧坂道は、世田谷区をぬけると調布市仙川に入り、甲州街道にぶつかります。そのため甲州街道と環八を結ぶ道路として、狭いのに交通量が多いのです。
     古道瀧坂道めぐりは、今年の1月、世田谷の東端から始まり、あちらこちら寄り道をしながら、やっと今回で西端に達しました。環八近くの芦花公園徳富蘆花の恒春園はブログ紹介済ですので、瀧坂道沿いにあり、せたがや百景に選ばれた「廻沢のガスタンク」、「安穏寺」と「神明社」を紹介して完結とします。

   「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

 

Cocoimgp0873w  JA東京中央農協

 

Cocoimgp0879w  高級マンション「東京テラス」

 

Cocoimgp0883w  マンション建設予定地?

 

Cocoimgp1006w  二つの庚申塔と三つの馬頭観音

 

Cocoimgp0996w  宮下橋より仙川

 

Cocoimgp0980w  「火を頒つ」 黒田嘉治作(上祖師谷7丁目公園)

 

Cocoimgp0992w  上祖師谷の商店街付近

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年9月 4日 (金)

古道瀧坂道(瀧坂道合流~環八) せたがやの郊外へ

Cocoimgp0415w  旧村道から瀧坂道に出たところは、経堂小学校の前でした。ここから瀧坂道は、「三ツ和会」「赤堤通り西商店街」の二つの商店街をぬけて、赤堤通りと一緒になりますが、またすぐ別れ荒玉水道道路を越えます。八幡山に入ると郊外の雰囲気が漂ってきて、八幡社(次回掲載)の前を通って環状八号線に達します。

   (すべての写真はクリックすると大きくなります)

Cocoimgp0447w 緑の住宅

 

Cocoimgp0417w  鏡のある住宅

 

Cocoimgp0437w  赤堤通り合流(右瀧坂道)

 

Cocoimgp0470w  ノウゼンカズラ(凌霄花)咲く

 

Cocoimgp0474w  八幡山の生産緑地

 

Cocoimgp0506w  明大グランド

 

Cocoimgp0521w  千歳清掃工場

 

Cocoimgp0529w  環八通り

          「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

古道瀧坂道(小田急線~瀧坂道合流) 旧村道を行く後半

Cocoimgp9714w  小田急線は、ここでは高架橋をはしっていますが、その後住民との裁判に敗れ、梅丘駅の先から新宿へは地下をはしることになってしまいました。
 旧村道は経堂西通り商店街をぬけていくのですが、ちょっと寄り道して、高架橋に沿っていくと烏山緑道にぶつかり、小さい石仏が置かれた石仏公園に出会えます。

    (すべての写真は、クリックすると大きくなります)

Cocoimgp9835w  石仏公園。

 

Cocoimgp9732w  経堂西通り商店街

 

Cocoimgp9740w  経堂3丁目38の地蔵菩薩。

 

Cocoimgp9831w  聖書・国際・園芸を柱とする女学園の農園。

 

Cocoimgp9806w  「経堂の西洋館と庭」(世田谷区地域風景資産)。

 

Cocoimgp9786w  経堂3丁目28の稲荷神社。

          「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

古道瀧坂道(世田谷線~小田急線) 旧村道を行く

Cocoimgp8852w  豪徳寺商店街の「たまにゃん」と別れ、瀧坂道を行くと浄徳院(次回掲載)に出会い、さらに少し進むと旧村道を分岐します。
 瀧坂道はそのまま進むと経堂の商店街に入るので、旧村道を選び経堂の先で瀧坂道に戻ることにしました。
 村道は枝道が多くまごまごしながら、何とか小田急線までたどり着くことができました。

  (すべての写真は、クリックすると大きくなります)

Cocoimgp9542w  左旧村道、右瀧坂道。

 

Cocoimgp9550w  分岐(宮坂1丁目43)の地蔵尊。

 

Cocoimgp9556w  世田谷農業・生産緑地の収穫

 

Cocoimgp9565w  蔵のある景色。

 

Cocoimgp9578w  不老門。

 

Cocoimgp9595w  経堂1丁目12の庚申塔。西府中道、南二子道、東青山道。

 

Cocoimgp9604w  高架をはしる小田急線。

          「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

古道瀧坂道(梅丘二丁目~世田谷線) 直角に曲がって進む

Cocoimgp8807w  瀧坂道は梅丘から豪徳寺に入ると路が左に直角に曲がる。さらに200mほど進むと今度は右に直角に曲がっている。これは城下町にみられる路づくりの手法で、敵の進行速度を抑えると同時に方向感覚を狂わせる。
 確かに近くには吉良氏の世田谷城があるが、しかしこれにより城に近づいてしまう。あるいはここは松原宿だったそうで、旅人を留まらせるための仕掛けだっのではないか。いまは静かな住宅地が広がるだけだが、自動車は走りにくそうだ。

    (すべての写真はクリックすると大きくみれます)

Cocoimgp9155w  梅丘二丁目信号から2つ目の路地を右に入った杓子稲荷。

 

Cocoimgp8792w  最初の直角を曲がった先のビル、葉が風でサラサラと音をたて波打っている。

 

Cocoimgp8774w  二つ目の直角の曲がり角に置かれた地蔵尊。

 

Cocoimgp8763w  総ガラス戸つくりの民家。

 

Cocoimgp8751w  道わきの鳥居をくぐった鎮守の杜。

 

Cocoimgp8839w  瀧坂道から10mほど入ると移築された「憲政の神」尾崎咢堂の旧宅に出会える。

 

Cocoimgp8846w_2  東急世田谷線越しに瀧坂道を振り返る。 

          「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

古道瀧坂道(環七~梅丘二丁目交差点) 色を楽しみながら

Cocoimgp8590w 環七分断された向こう側の瀧坂道は、商店街が延びていた。私の勝手な推測は、このあたりは起点の青山から一里強ほどで、高台で眺望もよかったであろうことから、お休み処ができ、それが発展したのではないだろうか。商店街の名称は若代商和会という。若林と代田の境界線の商店街なのでわかりやすいネーミングです。
 単色やツートンなど特徴ある色使いの住宅としゃれた塀が迎えてくれた区間でした。

    (すべての写真はクリックすると大きくなります)

Cocoimgp8572w  最初に出会ったツートンカラーのお宅。

 

Cocoimgp8569w  ここもツートンカラーで渋くまとめている。

 

Cocoimgp8562w  ブルー単色は、珍しい色使いではないだろうか。

 

Cocoimgp8545w  うすいグリーン色でおしゃれに仕上がっています。

 

Cocoimgp8555w  枕木を上手にデザイン化して味のある塀に仕上がっている。

 

Cocoimgp8612w  馬頭観音だろうか。側面に明治三年の文字が刻んであった。

 

Cocoimgp8615w  道行く人が楽しめるようミニ庭園がさりげなく置かれていた。

 

Cocoimgp8522w  梅丘2丁目で交差する道路は、拡幅が完成すると駒沢公園通りにつながる。道行くのは、新館に向う国士舘大の学生たち。

                      「にほんブログ村」ランキング
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
                                   
応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

古道瀧坂道(代沢十字路~環七) 丘陵頂上部を行く

Cocoimgp6981w  淡島からの上り坂は代沢十字路で終わる。ここからは、若林と代田の境界線にあたる丘陵の頂上部を行くが、町並みは淡島近辺の華やかさがなくなって、レトロな感じが出てくる。
 代沢十字路で交差するのが、若者に人気の三軒茶屋と下北沢を結ぶ茶沢通りだ。烏山川の向うに三軒茶屋のシンボル、キャロットタワーが望める。

   (すべての写真はクリックすると大きくなります)

Cocoimgp7073w  ケーキ屋さんの側壁の窓に書かれたほのぼのとしたガラス絵。

 

Cocoimgp7069w  混米が美味いとは今は昔。品種別、産地別で売られている。

 

Cocoimgp6988w  左右対称造りの廃店舗は、このまま放置されるのか。

 

Cocoimgp6993w  反対側では土地で売り出されていた。

 

Cocoimgp7008w  移動式四角形回転看板は珍しいが、今にも倒れそう。

 

Cocoimgp7023w  代沢中筋で淡島通りと分かれると、すぐ生コン工場の高い塀が現われる。

 

Cocoimgp7050w  若林と代田の境界上をホイルローダーが走る。

 

Cocoimgp7047w  由緒ある瀧坂道は、環状七号線(環七)で分断されていた。

    「にほんブログ村」ランキング参加
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ
           
応援クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

古道瀧坂道(淡島交差点~代沢十字路) キャラクターと一緒に

Cocoimgp6970w  瀧坂道は、淡島交差点の手前で北沢川(現在は暗渠)を渡ると、代沢十字路まで上り坂になる。右に北沢川、左に烏山川が流れる間の高台に道が通っている。
 歩いてみると、いろいろなキャラクターがカメラに写り込んできた。

 

   (すべての写真は、クリックすると大きくなります)

Cocoimgp6957w  メニューのなかで遊ぶディズニーのキャラクター。

 

Cocoimgp6950w  ペットショップはネオンサイン付だ。

 

Cocoimgp5767w  「おかえり」の更生保護用ポスターは、人は変わることができると呼びかけている。

 

Cocoimgp6886w  淡島に向って緩やかなカーブに付けられた目立つ標識。 

 

Cocoimgp6907w  豪徳寺の招き猫とは違って、千万両小判を持ち大きな腕で客を招く。

 

Cocoimgp6910w  アンティーク店の壁に付けられた飾り兼商品。

 

Cocoimgp6975w  愛嬌たっぷりの布袋さんが持つのは堪忍袋だという。

 

Cocoimgp6918w  カーディーラーのショーウインドに映る信号機は代沢十字路。

    「にほんブログ村」ランキング参加
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ
           
応援クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

古道瀧坂道(起点~淡島交差点) モダンあるいはエキゾチック編

Cocoimgp5911  古道瀧坂道を撮影しようと思い立ったのは、hideさんの「東京自転車散歩~商店街偏愛Blog」がヒントだった。
 撮影してみると、沢山のシャッターチャンスに恵まれ、発見があった。おかげで1回の撮影で2回分のブログがつくれた。今後もそう旨くいくとは限らないが、hideさんに感謝である。ただ、hideさんのブログが昨年の12月12日で更新されていないのが気がかりだったが、 今年の2月1日に更新されていた。

    (すべての写真はクリックすると大きくなります)

Cocoimgp5783  モダンというよりゴージャスが似合う郊外型マンションがあるのに驚き。

 

Cocoimgp5789  洗練されたデザインの美容院店先。

 

Cocoimgp5807  スマートな店舗付き住宅。土地を上手に生かして。

 

Cocoimgp5811  青山から出向いてきたようなお店が並ぶ。

 

Cocoimgp5814  しゃれたデザインのスズランが咲く緑ガラスのなかは薬局。

    「にほんブログ村」ランキング参加
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ
         
応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

古道瀧坂道(起点~淡島交差点) クラシックあるいはジャパニーズ編

Cocoimgp5780  古道瀧坂道は、渋谷の青山から池尻、経堂、船橋を経て、調布の瀧坂に至る道。甲州街道ができるまでは府中に向う重要な道であったという。瀧坂道は、調布に向うときの名で、渋谷に向うときは青山道と呼ぶ。
 世田谷の起点は、今は淡島通りと呼ばれていて、目黒区との境にあるNTT駒場研修センターからである。反対側には、筑波大付属中高校の校舎と校庭が広がっている。
 写真は起点から最初に出会った石仏。

  (すべての写真はクリックすると大きく見れます。)

Cocoimgp5786  このシャッターは、もう閉じられたままなのか。

 

Cocoimgp5799  石段の先には、代沢の高級住宅地が広がる。

 

Cocoimgp5804  古本屋さんの発展系?店を維持する努力が溢れている。

 

Cocoimgp5815  三本の植木がこの店のポイント。落書きなんかに負けるな。

 

Cocoimgp5785  電気が止まればすぐ困ってしまう我々。感謝!(ところが都内100箇所で電線を盗んでいたプロがいてビックリ! 読売新聞1月28日付)

    人気blog「にほんブログ村」へ
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ
       よいと思ったらクリックしてくださ

Cocoimg_1308a  <番外編 ほっと・スペース りぼん>
 東武東上線みずほ台駅の「マルエツ」からほど近かいところで、知り合いたちが開いている手作り品を展示・販売している店「ほっと・スペース りぼん」(富士見市西みずほ台1-25-5)に出かけた。
 店内には小物から始まって様々な手作り品が置かれ、人肌のぬくもりがただよう雰囲気のあるお店だ。真ん中に置かれたテーブルで「森のコーヒー」も200円でいただける。
 入口に置かれた野菜も地元農家の手作り品だ。次回はザックを背負って行こう。

Cocoimg_1320a  手作りチラシと手作り刺し子ふきん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)