文化財

2016年2月10日 (水)

お山のてっぺんから野毛大塚古墳

0cdsc_2006 等々力渓谷から日本庭園に出て、いまは住み手がいない公務員住宅を抜けると、古墳がある玉川野毛町公園に着きます。前に来たことがある古墳です。
 前回は古墳を周りから撮ったので、今回は上から撮ってみました。
 野毛大塚古墳は「高さ11メートルの円墳に小さな前方部が付いた帆立貝式古墳(ほたてがいしきこふん)としは日本国内でも有数の規模を誇る」と後で聞かされて、世田谷にも立派な古墳があるのだと、驚いたり誇りに思ったりしました。 所在地は野毛1-25の玉川野毛町公園内で、東急大井町線等々力駅から徒歩10です。

     「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

1cdsc_2003
古墳頂上

 

2cdsc_1999
てっぺんより公務員住宅

 

3cdsc_1997
てっぺんよりテニス場

 

4cdsc_1995
てっぺんより野球場

 

5cdsc_1993
てっぺんより公園

 

Cdsc_1992
周壕から公園

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

隠れたデートスポットの野毛大塚古墳

0ccsc_0204l 少し古い話になりましたが、鯉のぼりを追って行った玉川野毛山公園で古墳に出会いました。帆立貝式前方後円墳としては、日本国内でも有数な規模を誇るそうです。この辺りから田園調布にかけての多摩川沿いに50基あまりの古墳があって、荏原台古墳群と名づけられています。
 古墳には階段がつけられていて頂まで登れます。頂からは古墳にそって埴輪が置かれていて形状が分かります。周壕は歩道になっていて頂もふきくめ、隠れたデートスポットになっています。頂に愛を語るベンチがないのが残念ですが。
 最寄り駅は東急大井町線等々力駅(徒歩10分)で、所在地は野毛1-25-1です。

    「すべての写真は、クリックすると大きくみれます」

1cdsc_0097
古墳全景

 

2cdsc_0124
頂から俯瞰

 

Cdsc_0102
古墳群オブジェ

 

Cdsc_0108
周壕歩道

 

Cdsc_0130
公園内のオブジェ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

駒沢の住宅地を彩る給水塔と緑泉公園

Codsc_2260  水色の半球が目につく給水塔は、入口では一つにしか見えませんが、ぐるりと回ってみると二つあり、塔を結ぶ水色の橋がかけられています。ここからは自然の落差を利用して、渋谷の住宅に水を供給していたそうですから、橋の上に立てば大正・昭和の東京が見えそうです。
 給水塔のすぐ近くに緑泉公園があります。入口には池がないのに噴水が出ていて、お年寄りが憩うベンチが置かれています。広場をぬけて樹木園に入ると、モチノキ中心の森に泉が湧き出ています。流れに沿って下っていくと、池にたどり着き児童公園にぬけます。ここから給水塔が見えました。
 せたがや百選には、「駒沢給水所の給水塔」と「緑泉公園」とで選ばれています。最寄り駅は、東急田園都市線桜新町駅です。給水塔は弦巻2-41-5、緑泉公園は駒沢3-19です。

    「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

 

Codsc_2293  西側の住宅の間から(二つ目の塔)

 

 

Codsc_2313  南側のパークシティ弦巻の裏手から

 

 

Codsc_2333  東側の住宅の間から

 

 

Codsc_2225  名木百選に選ばれているモチノキ群(緑泉公園)

 

 

Codsc_2215  緑泉公園の流れ

 

 

Codsc_2257  流れにかかる橋

 

 

Codsc_2254  池に花びらが残って

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

幼精たちが遊ぶ代官屋敷

Cocoimgp1675w  受付の脇から代官屋敷に入ると巨大タブノキ(椨)が迎えてくれます。屋敷の周りを歩いていくと。白洲門と白洲跡がありました。門も白洲も小さいものですが、それゆえ権威とか権力とかが凝縮されているのを感じます。そこ以外の屋敷のたたずまいは、農家という感じです。
 暗い建物の中から明るい外に出ると、屋敷から幼精たちが飛び出してきました。近くの保育園児たちでしょうか。
 せたがや百選には、「ボロ市と代官屋敷」で選ばれています。
  行き方は、東急世田谷線上町駅から、駅前のスーパーオオゼキの角を曲がり、世田谷通りを越え、そのまま進むとボロ市どおりに出ます。左に曲がるとすぐです。

   「すべての写真は、クリックすると大きくなります」

Cocoimgp1684w  屋敷門裏側

 

Cocoimgp1695w  白洲跡

 

Cocoimgp1715w  井戸とカリン(花梨)

 

Cocoimgp1708w  屋敷裏

 

Cocoimgp1721w  屋敷内部Ⅰ

 

Cocoimgp1725w  屋敷内部Ⅱ

 

Cocoimgp1736w  幼精たち

         参加「にほんブログ村」ランキング
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 写真ブログ 組写真へ
           応援クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

徳富蘆花の恒春園と粕谷八幡神社

Cocoimgp5901  徳富蘆花が終のすみかとした恒春園は、当時の家屋が保存され、耕地は公園となっている。隣接して粕谷住民の共同墓地や八幡神社がある。ここでの生活は「みみずのたはごと」に残されている。
 せたがや百選には、「芦花公園と粕谷八幡一帯」で選ばれた。
 恒春園に行くには、「芦花公園花の丘フェスタ」と同じ。

   (すべての写真は、クリックすると大きくなります)

Cocoimgp6506  「みみずのたはごと」に登場する地蔵の向うが「秋水書院」。

 

Cocoimgp6524  廊下が織り成す和の美は、部屋の寒暖を和らげる。

 

Cocoimgp6526  ソーダガラス越しの景色は、どことなくなつかしい時代に回帰する。

 

Cocoimgp5905  わらぶきのふくらみが美しい「梅花書屋」。

 

Cocoimgp5892  珍しい斜め組子障子の上には、部屋の由来となった額が掛かっている。

Cocoimgp5883  粕谷共同墓地の入口に置かれた六地蔵プラス一と石柱群。

Cocoimgp6564  巨大なイチョウが存在感を示す粕谷八幡神社。

 

Cocoimgp6572  朱があざやかである。

 

Cocoimgp5909  柔らかな陽射しをうける公園の一角。

    「にほんブログ村」ランキング参加
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ
           
応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月 7日 (土)

三土代会の「代田餅搗き」in羽根木公園 番外編 「八ヶ岳山麓で暮らす」の山荘訪問

Cocoimgp6407  羽根木公園では「せたがや梅まつり」のなかで代田餅搗き(222)が行われた。
 代田餅搗きは、多人数で搗く代田(村)独特のもので、天保年間(1830年代)に始まったという。現在は「三土代会」において保存され、世田谷区の無形民族文化財に指定されている。
 つきあがった餅はあんこをつけて参加者に無料で配られる。会場は始まる前から長蛇の列ができていた(写真費左)。

   「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

 

Cocoimgp6422  蒸したての餅米が臼に開けられ、「こねどり」の開始である。

 

Cocoimgp6449  長老たちによる搗き唄が始まり、唄に合わせこね上げられていく。

 

Cocoimgp6425  そのまま続いて、6人による「かけ搗き」に移る。

 

Cocoimgp6429  リズムよくつき上がっていく。

 

Cocoimgp6453  こちらは難しいといわれる8人による「かけ搗き」。

 

Cocoimgp6466  仕上げの「あげ搗き」に移る。

 

Cocoimgp6470  手を止めずに、つき手を替えながら、

 

Cocoimgp6477  休むことなく仕上げてしまう。
 500人分のお餅は、30分かからずつき上がった。

<番外編>
Cocoimgp6484
 「八ヶ岳山麓で暮らす」のブログ作者としぼうさんの山荘を訪ね、スノーシューでの雪山歩きを習得するため、霧が峰の最高峰車山に登った。悪天候ゆえに、スノーシューのよさや限界を知るよいチャンスになった。
 山荘の豪華な朝食。ヨーグルトも手作りで美味い(左写真)。

 

Cocoimgp6488  山荘では枯れたアジサイも風情がある。

 

Cocoimgp6492  車山山頂近くのエビのシッポ。しっぽは風上に向って伸びるのか、それとも風下へか。 

    「にほんブログ村」ランキング参加
       にほんブログ村 写真ブログ 組写真へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ
           
応援クリックお願いします

| | コメント (3) | トラックバック (0)