4成城・喜多見・宇奈根

2019年10月 9日 (水)

宇奈根会場からたまがわ花火大会

0cd7c_7865 二子玉川駅は、構内放送に案内や警備の人たちのハンドマイクの音がいくつも重なって、ホームや構内は騒音でいっぱいです。駅で待ち合わせをして会場に行く予定でしたが、 携帯電話がかかってきても聞こえないし、かけることもできません。
 でも何とか出会うことができて、開始時間を少々過ぎましたが、宇奈根の会場に着くことができました。宇奈根会場からは同時開催の川崎側の花火を、一緒に見ることができるのが魅力です。お天気もよくTシャツ一枚で楽しみました。
 会場は宇奈根で、東急田園都市線二子玉川駅から徒歩15分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cd7c_7887
花火

2cd7c_7912
花火

3cd7c_7942
花火

4cd7c_7973
花火

5cd7c_8045
花火

6cd7c_8069
花火

 

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

街角の一枚_白い家

白い家に出会いました おしゃれな白い家です
白い階段がアクセサリーです
そのわきに駐車した 白い車がお似合いです

Ckimg0100s
白い家

 (場所は成城2-35で、小田急線成城学園前駅カラオケ5分です)
 *写真をクリックすると大きくなる見れます

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

成城学園前駅南口周辺の街角

0cdsc_2214 清川泰次記念ギャラリーは、商店街から少し入った静かな住宅地のなかにあります。
 そのためか場所がわかりにくいのですが、大通りとは違った雰囲気があって、ぶらぶらと歩いてみると、落ち着いた静かな成城を見せてくれます。
 最寄り駅は小田急線成城学園前駅南口を出て、清川泰次記念ギャラリー周辺の街角です。

     「すべての写真は、クリックすると拡大します」

 

Cdsc_2226
玄関への路

 

Cdsc_2227
玄関飾り

 
Cdsc_2270
ミラーのある街角
 
 
Cdsc_2274
アジサイとポスト
 
 
Cdsc_2280
アジサイと看板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

成城学園前駅南口の駅前通り東から西へ

0cdsc_2229
 清川泰次記念ギャラリーの帰りは、南口の通りを東から西へ、小田急線に沿って歩いてみました。
 街路灯には「成城」と書かれているだけで、商店街名など書かれていません。これは前回南に向かった道の街路灯と同じです。
 この通りで印象的だったのは、駅前交差点のスクランブルの白線と西口に近づくと目につく高圧線の鉄塔です。
 最寄り駅は小田急線学園駅で、南口を出て小田急線に沿って伸びる通りです。
 
     「すべての写真は、クリックすると拡大します」
 
 

1cdsc_2235
七五三

 

2cdsc_2238
食事中

 

3cdsc_2240
二台の自転車

 

4cdsc_2243
お買い物

 

5cdsc_2259
スクランブル交差点

 

Cdsc_2251
鉄塔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

成城学園前駅南口の駅前通り南へ

0cdsc_2177
 清川泰次記念ギャラリーまで出かけたので、成城学園前駅前の街並みを撮影することにしました。
 記念ギャラリーには駅南口に出て、スクランブル交差点を渡り、成城通りと書かれた広い道を南に向かいカトリック成城教会で左折します。途中には始発のバス停が二つもあり、駅から人の流れが多い所です。
 今回はここを撮影することにしました。成城は南口の方が庶民的だといわれていますが、どうしてどうしておしゃれな店が並んでいます。
 最寄り駅は小田急線成城学園前駅で、場所は北口に出てそのまま真っ直ぐ向かう通りです。
 
     「すべての写真は、クリックすると拡大します」
 
1cdsc_2220
レッドホットの夏
 
 
2cdsc_2187
いらっしゃいませ
 
 
3cdsc_2189 
ライス無料
 
 
4cdsc_2194
Prairial
 
 
5cdsc_2208
通行注意 
 
 
Cdsc_2205
体験レッスン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

首を垂れる宇奈根のひまわり

0cdsc_8851 花が大きすぎたのでしょうか、それとも雨のせいでしょうか、首を垂れてしまたのは。 いえいえ次へのバトンタッチのサインです。
 皆いっせいに太陽に向いて咲く、ひまわり畑をイメージしていましたら、少々様子が違いました。でもそれは、月並みでない写真を撮るチャンスです。
 畑にはこれから咲かせるために、準備している一角が残されていて、このブログを発表する頃(撮影は4日)には、大輪の花を太陽に向けたひまわり畑に再び出会います。
 畑は田園都市線二子玉川駅駅から徒歩30分で、住所は宇奈根3-2です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_8847
耐える

 

2cdsc_8860
うなばらに咲く

 

3cdsc_8838
後ろ向きに

 

4cdsc_8839
活力ただよう

 

Cdsc_8830
ただいま準備中

 

Cdsc_8853
今週の一枚 私たちきれい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

成城の静かな住宅地にある清川泰次ギャラリー

Cdsc_8382 先日、写真展を行った清川泰次ギャラリーを紹介します。 ここは世田谷美術館の分館で、区民ギャラリーがあり区民が利用できます。
 世田谷美術館の区民ギャラリーと比べると、少々狭いのですが、 休憩スペースを置くことができ、お茶などを飲み、くつろぐことができます。
 アットホームな雰囲気のなかで作品を見てもらうことができ、私たちの作品にピッタリな会場でした。
 また駅から近いので、暑い時期にかかわらす多くの方々に来ていただくことができました。
 会場は成城2-22-17で、小田急線成城学園前駅から徒歩3分です。

      「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

Cdsc_8384
ギャラリー会場

 

Cdsc_8386
美術館入口

 

Cdsc_8389
ギャラリー会場内

 

Cdsc_8392
ギャラリー会場内Ⅱ


Cdsc_8245
今週の一枚 野に咲く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

シンプルの良さを伝えてくる宇奈根氷川神社

0cdsc_8136 氷川神社は、世田谷には大蔵喜多見とここ宇奈根で三つあります。宇名根はほかの二つと比べてもらうと明らかなように、神殿までの参道に並んだ鳥居と保存林に指定されている巨木が天を突いているだけの神社です。
 構内は広いのですが、鎮守の森で囲われているわけでもなく、ただただ広いのです。そのせいでしょうか、境内に置かれている一つひとつのものが存在感をもって迫ってきます。
 所在地は宇奈根2-13-19で、最寄り駅は小田急線成城学園前駅あるいは喜多見駅から徒歩30分ほどです。

      「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_8142
参道

 

2cdsc_8144
神殿

 

Cdsc_8139
境内の道祖伸

 

Cdsc_8147
狛犬

 

Cdsc_8152
鳥居

 

Xdsc_8151
今週の一枚 巨木

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

橋からの眺めが楽しい桜咲く仙川

0cdsc_1689 今年の最終の桜は、仙川です。仙川で桜といえば祖師谷公園のなかを流れる仙川の桜を思い出します。公園の満開の桜は、仙川に向かって流れ落ちていくように咲きます。
 公園から小田急線のガードをくぐり、旧東宝撮影所までの間はそれほどみる処がありません。 でも撮影所から世田谷通りの間桜が楽しめます。
 あいにくお天気があまり良くなく、桜の迫力は半減ですがご覧ください。
 所在地は成城1丁目1~4で、最寄り駅は小田急線成城学園前駅から徒歩20分ほどです。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

Cdsc_1660
仙川の桜

 

Cdsc_1675
仙川の桜

 

Cdsc_1684
仙川の桜

 

Cdsc_1687
仙川の桜

 

Cdsc_1697
今週の一 川面の桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

三輪車と子供用自転車が置かれた常光寺

0cdsc_8075 この寺が印象的だったのは、本堂へののぼり階段に置かれていた三輪車と子供用自転車です。
 おみくじがあるのでしょうか。お墓への道におみくじが結ばれた棚があります。今年のお正月の分でしょうか。
 もう一つあります。裏手の駐車場に置かれていた地蔵尊です。
 所在地は宇奈根2-21-2で、最寄り駅は小田急線成城学園前あるいは喜多見駅から徒歩30分ほどです。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

1cdsc_8094
山門脇の一本の木

 

Cdsc_8081
本堂

 

Cdsc_8085
おみくじ棚

 

Cdsc_8087
観音像

 

Cdsc_8089
墓地

 

Cdsc_8106
駐車場の地蔵尊

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)