路傍の祠

2019年6月26日 (水)

立派なお堂に納まる庚申塚

0cdsc_4882 立派なマンションが立ち並ぶ角に、この庚申塚がありました。
 ここは拡幅された通りが終わりになる手前で、この先は車一台しか通れないので、一方通行になっています。
 そんな通りを時々通るのですが、庚申塚があるとは今まで気づきませんでした。お堂が立派過ぎるのです。
 場所は松原4-8で、東急世田谷線松原駅から徒歩5分です。

      すべての写真は、クリックすると大きく見れます。

2cdsc_4879

庚申塚

 

3cdsc_4881
ツツジに囲まれて

 

4cdsc_4874
遠景

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

グーグルマップに載る赤堤の庚申塚

0cdsc_4763  三差路に置かれた庚申塚。石仏が置かれるには理想的なところです。そのためかグーグルマップには位置情報として載っています。
 お堂には壁がないので、どこからもなかが見えるようになっています。地震対策でしょうか、三方がクロスの板で補強されています。クロスとその周りに咲く春の小花が印象的です。
 場所は赤堤5-9で、東急世田谷線松原駅から徒歩10分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

 

1cdsc_4764
庚申塚Ⅰ

 

2cdsc_4770
庚申塚Ⅱ

 

3cdsc_4767
庚申塚Ⅲ

 

4cdsc_4771
庚申塚Ⅳ

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

生活に根付く代田4丁目の稲荷神社

1cd7c_3154 個人の家に置かれている稲荷神社です。稲荷神社は日本で一番多いとのことですから、こうしたところにも置かれているのでしょう。
 稲荷神社は名前から五穀豊穣を願う神様だと分かりますが、それにとどまらず商売繁盛や芸事の神など、人びとの生活に根差している神様なのです。そのためいろいろなところで目にすることができます。
 場所は代田4-13で、京王井の頭線新代田駅から徒歩10分です。

     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」

2cd7c_3159 
正面

 

3cd7c_3162
屋根飾り

 

0cd7c_3164
後方

 

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

羽根木1丁目の御嶽神社

0cdsc_3182 ここの御嶽神社には前に武州が付いています。奥多摩の御岳山にある御嶽神社を本社にしているということでしょうか。
 鳥居のある立派な神社です。鳥居の裏には、背の高い燈籠が置かれています。実際に火を入れるわけではなく、飾りの一つでしょうが今まで見たことがなくユニークです。 ここに祀った方の社を盛り上げる工夫だと思います。これからめぐる路傍の社を訪れる楽しみが増えます。
 最寄り駅は京王新代田駅で徒歩10分ほど、所在地は羽根木1-24です。
 
     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」
 
1cdsc_3187
正面
 
2cdsc_3180
燈籠
 
Cdsc_3173
側面
 
Cdsc_3189
 
Zcd7c_2196
冬の訪れ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

狛狐が魅力的な圓海稲荷神社

Cdsc_3197 北沢の延命地蔵尊の少し先に圓海稲荷神社があります。ここ以外に圓海と名が付く稲荷神社はないようです。
 名前がついているだけあるのか、路傍の神社としては立派です。鳥居をくぐると参道が伸び、その先に狛犬ならぬ狐が左右に置かれています。狛狐です。どちらの狐も立派な姿で、魅力的です。
 もう一つ魅力的なものがあります。社の彫り物です。
 最寄り駅は京王井の頭線池ノ上駅から徒歩5分で、所在地は北沢1-47です。

 
     「すべての写真は、クリックすると大きく見れます」
 
Cdsc_3202
正面
 
Cdsc_3208
右側
 
Cdsc_3216
左側
 
Zcdsc_3212
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

崖の上の船橋四丁目の桜満観音

0cdsc_2294 小学校のとなりは崖になっていて、鳥居が二本立っています。上には小さいお社が置かれています。
 鳥居をくぐる手前左には「桜満観音~願うことによって満開の桜の花が咲きます」の看板があります。その隣にお社が置かれていて、招き猫が居ます。
 上と下両方にお社があり、どちらが桜満観音だろうか、浅はかにも考えてみましたが、分かる筈はありません。満開の花を手にするには、上にも下にも同じお願いをすればよいのです。
 所在地は船橋4の9で、京王線桜上水駅から徒歩30分です。

 
      「すべての写真は、クリックすると拡大します」
 

Cdsc_2283
崖の上のお社

 
 

Cdsc_2285
下のお社

 

Cdsc_2287  
招き猫
 
 
 
Cdsc_2288
二本の鳥居
 
 
 
Cdsc_2291  
上のお社
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

大きな紅い鳥居がある池尻の小さなお社

0cdsc_2148 池尻から三宿の間に、旧大山道が残っています。池尻稲荷を過ぎて、旧道が三宿で合流する少し手前に小さなお社が置かれています。
 鎮守の森に見立てているのでしょうか。鮮やかで豊かな緑の中に、大きな紅い鳥居と小さな紅いお社が置かれています。
 神社では通りががりの人が立ち寄って、お参りしていく姿がよく見られますが、こうした小さな神社は、そのまま通り過ぎていく人が多いようです。
 所在地は池尻2-37で、東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩10分です。

 
      「すべての写真は、クリックすると拡大します」
 
1cdsc_2153
お社
 
 
Cdsc_2151
お社
 
Cdsc_2152
お社
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

旧瀧坂道の宮坂にあるお宮

0cdsc_2113 前回紹介した宮坂地蔵尊から一区画先に、小さなお宮があります。
 個人の敷地に置かれているのは、屋敷神というのだそうですが、ここに置かれているのは敷地内か微妙です。
 何も書かれていないので、どのような神が祀られているか分かりませんが、鳥居があるのは稲荷神社といわれます。狐も置いてないので確かなことは分かりません。
 鳥居には「環境を壊す20m道路(都道52号線)不要」のお札が貼ってあります。
 所在地は宮坂1-44で、小田急線経堂駅から徒歩15分です。
     「すべての写真は、クリックすると拡大します」
 
1cdsc_2118
旧瀧坂道から
 
 
2cdsc_2125
アジサイ咲く

 

Cdsc_2115
正面から

 
Cdsc_2117
お宮
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)